windowsXP専門カスタマイズ

止まったエクスプローラーを復活させるには?

ここ最近のハイスペックなwindowsマシンには昔ほど頻繁に見られることはなくなりましたが、それでも困るのがエクスプローラーのフリーズ。

特にパソコンがメインの仕事をしていると、突然現れては育てに育てたデータを跡形もなく奪っていく、とにかくおっそろしいものですコイツは。セーブしとけって話なんですけどね…でもたまにセーブ忘れて一心不乱に作業しちゃうことってあるじゃないですか!そんなときにもしかすると「効く」かもしれない処方箋です。

エクスプローラーを復旧させる方法

  1. エクスプローラーがうんともすんとも言わなくなったらまずタスクマネージャを開きます。ショートカットは[Ctrl] + [Shift] + [Esc]または[Ctrl] + [Alt] + [Delete]です。
  2. タスクマネージャが開いたらタブの中からプロセスを選択してください。
    • タスクマネージャ プロセス
  3. 表示されたプロセスの中に「explorer」を探します。見つけたらそれを右クリックし、プロセスの終了を選択してください。
    • ※「explorer」を終了させるとタスクバーやフォルダなどの「explorer」に依存しているものも閉じられますのでご注意ください。
    • タスクマネージャ プロセスの終了
  4. 最後に「explorer」プロセスを再起動させます。メニューバーから「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックし、出てきたウインドウで「explorer」と入力しOKです。
    • タスクマネージャ 新しいタスクの実行
    • タスクマネージャ 新しいタスクの作成

こんな感じです。ただし一度「explorer」プロセスを終了→再起動をしたとき、タスクトレイのアイコンがいくつか消える場合があります。これは常駐しているプログラム自体が終了したわけではなく、タスクトレイからアイコンが消えているだけでバックグラウンドでちゃんと働いてくれていますので特に問題はないはずです。

Copyright © 2006-2009, windows XP 専門 カスタマイズ. All Rights Reserved. Powered by kei