windowsXP専門カスタマイズ

無料のオフィスソフト「OpenOffice」

あなたのwindows XPにオフィスソフトはインストールされているでしょうか?

職場ではおそらくほとんどの場合MicrosoftのWordやExcel・PowerpointなどのOffice製品がインストールされ、メモ帳代わりから資料作成・プレゼンテーション作成まであらゆる用途で重宝されています。

しかし「パソコンを購入してみたらOfficeが入ってなかった。」など、気づけば無かった状態もしばしば。まぁ私がそうなのですが。

無ければ無いで何とかなるっちゃなるのですが、やはり不便なのです。Officeを購入するにしても高い!買ってまで使うものなのかと。

そこで登場するのがオープンソースの名の下で世界の有志が開発するオフィスソフト「OpenOffice」です。

OpenOfficeってどんなソフト?

この「OpenOffice(正確にはOpenOffice.org)」はMicrosoftのOfficeと同様に、それぞれソフトの名称は異なりますが「Writer」「Calc」「Impress」「Draw」「Base」「Math」で構成されています。完全ではありませんが、MicrosoftのOfficeとの互換性もあります。詳しくはこんな感じです。

主な機能とMicrosoft Officeとの互換図
役割 OpenOffice.org マイクロソフト オフィス2003
ワープロ ライター(Writer) ワード(Word)
表計算 カルク(Calc) エクセル(Excel)
プレゼンテーション インプレス(Impress) パワーポイント(Powerpoint)
作図ツール ドロー(Draw) 図形描画(各ツールから利用)
データベース ベース(Base) アクセス(Access)
数式 マス(Math) マス エディタ(各ツールから利用)

http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Ja.openoffice.org/start/review

さらに詳しい機能を見るにはこちら。 >> どんな機能があるの?

「OpenOffice」はMac・Linuxにも対応しているので、もちろんそれらで作成したファイルもwindows版OpenOfficeでも開けますので安心してファイルのやり取りもできますし、ビジネスシーンで大活躍のPDFファイルの作成も可能です。

私が使うのはWriterとCalcだけですが、ほとんど不便を感じたことはありません。Office購入を考えている方は一度お試しあれ。

クリップアートが少ない!(泣)

資料やプレゼンに使用するクリップアートはデフォルトの状態ではそれほど多くはないです。それを解決する記事はこちら。 >> OpenOffice.orgのクリップアート数を劇的に増量する方法

たくさんの種類の中から好みのクリップアートが選べますので、資料作成も楽しくなりそうです。

OpenOfficeのうれしい?おまけ

皆さんはEaster Eggs(イースターエッグ)というものをご存知でしょうか?

イースターエッグとは開発者が遊び心でコソっと仕込んだ仕掛けのことをいいます。AdobeのPhotoshopやIllustratorが有名な例ですね。

OpenOfficeにもイースターエッグが仕込まれていたらしく、こちらのサイトで紹介しています。 >> OpenOffice.orgでスペースインベーダー風ゲームをする方法

果たしてOpenOfficeに仕込まれているイースターエッグはこれだけなのでしょうか…?今後に期待?

もちろん、くれぐれも仕事中にゲームをしないように。

Copyright © 2006-2009, windows XP 専門 カスタマイズ. All Rights Reserved. Powered by kei