windowsXP専門カスタマイズ

Clock Xでデスクトップへ時計を設置!

私が職場のXPで愛用している時計の紹介です。

私はいつもタスクバーは右に設定しているので、どうしてもタスクバーの時計では一目では時間をしることができません。そこでフリーソフトを探してみたところ、ありますありますたくさんの時計ソフト。いくつか試した中から使いやすいオススメの時計ソフトである「Clock X」を紹介します。

時計を表示するフリーソフトをお探しの方、タスクバーの時計に飽きた方、とりあえずインストールしてみて損はありません!さっそく入れてみましょう!

Clock Xをインストールする

  1. まずはこちらからファイルをダウンロードしてください。「The Latest Version:」の下に最新バージョンが表示されています。あとでスキンを選べるように、StandardのものではなくFullのものををダウンロードしてください。もしあなたが64bitのXPかVistaを使用しているのでしたら64bitのものをダウンロードしてください。 >> Clock X
  2. ダウンロードしたファイルを実行しましょう。すぐに言語を何にするか尋ねられますが、もちろんJapaneseでOKしてください。その後は流れるままにクリックしていくだけでOKです。以上でインストール終了です。

インストール時に最後の画面で実行するのチェックを外していなければすでにClock Xが起動しています。次はClock Xをあなた好みのスキンに変更しましょう。

Clock Xのスキンを変更する

  1. タスクバーにあるClock Xアイコンを右クリックし、設定を開いてください。タブが三つありますね。私が設定を変更したのは一般と外観のタブだけです。Pluginsは変更はしていません。っていうかそこまでいじる必要ないと思うので…。それぞれは書いてある通りなので説明も必要ないと思います。皆さんも試行錯誤して自分使用にしちゃってください!参考までに私の設定を下に載せておきますね。

サンプルとして私の例を挙げておきます。

  1. デスクトップ上でClock Xを左下のほうへ移動し、外観タブから背景画像を選びました。ついでにプリセットの設定で全てにチェックを入れました。
  2. 次に一般タブで透過を1に変更し、マウスオーバー時の透過設定を255に変更。つまり普段は透明で見えないけれど、マウスをその位置に持っていくと表示されるといった具合です。これならば普段の操作の邪魔になりませんからね。
  3. 最後ウインドウオプションで「常に手前に表示」「クリックに反応しない」「位置を固定する」「画面に合わせて表示する」「Alt+Tabのリストから外す」「ツールチップに日付を表示する」にチェックを入れました。私は職場でClock Xを使っているので、それによって仕事効率の低下招くわけにはいきません。極力仕事に支障をきたさないように設定しています。
    私が変更したのはこれだけです。下に設定画面のキャプチャーを置いておきますので参考までに。

    • Clock X - 一般
    • Clock X - 外観

前は気づかなかったのですが、よくよくClock Xの背景画像を見直してみると、涼宮ハルヒの憂鬱でお馴染みのSOS団ロゴもありました。お好きな方はぜひw

Copyright © 2006-2009, windows XP 専門 カスタマイズ. All Rights Reserved. Powered by kei